2009年08月24日

押尾学容疑者、女性からも麻薬成分検出

押尾学容疑者:女性からも麻薬成分検出 死亡との関係捜査

 俳優の押尾学容疑者(31)による麻薬取締法違反(使用)事件で、押尾容疑者と一緒にいて死亡した知人女性(30)の血液から合成麻薬の成分が検出されていたことが24日、警視庁の調べで分かった。警視庁は、女性が押尾容疑者と合成麻薬MDMAを服用したとみて、死亡との因果関係を詳しく調べている。>>続きを読む

 女性は同日午後2時半ごろにマンションに入る姿が防犯ビデオに映っていた。既に室内にいた押尾容疑者と合流し、MDMAを2人で服用し、女性は同6時半ごろ、手がけいれんするなど様子が急変したという。

posted by kuremenwindy at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126415901
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。