2009年08月27日

コロンビア麻薬王のカバ??

コロンビア麻薬王のカバ、アフリカの学者が対応を思案

 [ボゴタ 26日 ロイター] 1993年に射殺されたコロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルが残したカバについて、アフリカの動物学者らが対応策を模索するために、コロンビアを訪れている。>>続きを読む

 この麻薬王はカバが好きだったんですかねぇ。「環境省は、カバが逃げ出したままでは地元の生態系への脅威となるとの考えを示しており、ナイト氏もこれに同意」とあるが、親子のカバ一組ぐらいで影響あるのか?

posted by kuremenwindy at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126635059
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。