2009年09月13日

愛知会社員強殺、腹の刺し傷は1カ所

愛知会社員強殺:腹の刺し傷は1カ所、追跡され突然抵抗か

 愛知県岡崎市の路上で9日夜、同県幸田町のデンソー社員、関一道さん(45)が刺殺された強盗殺人事件で、犯人の男が関さんの左脇腹を刃物で一突きで刺していたことが県警岡崎署特別捜査本部の調べで分かった。

 特捜本部は、関さんに車上狙いを見つかり追跡された男がとっさに持っていた刃物で刺した可能性が高いとみて、男の行方を追っている。>>続きを読む

 特捜本部によると、関さんは左脇腹のやや背中側を片刃の鋭利な刃物で刺された。傷は1カ所で争った際にできる防御創はなかった。傷の状態などから、特捜本部は男が右手に持った刃物で刺した可能性が高いとみている。凶器の刃物は発見されていない。

posted by kuremenwindy at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127974394
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。