2009年09月20日

14万ドル払え! 小室哲哉氏、今度は代理店契約料トラブルで訴えられる

14万ドル払え! 小室哲哉氏、今度は代理店契約料トラブルで訴えられる

 海外ブランドの子供服販売をめぐり、音楽プロデューサー、小室哲哉氏=詐欺罪で有罪確定=の経営する会社が代理店契約料の支払いを済ませていないとして、米国在住の女性が小室氏本人らに約14万ドル(約1300万円)の支払いを求め東京地裁に提訴していたことが19日、分かった。>>続きを読む

 女性は、米国の俳優、チャーリー・シーンさんが手掛ける子供服販売の日本代理店を決める権利を持ち、2006年に小室氏の会社「ティーケーシーオーエム」(東京)と約20万ドルで契約。これまでに約6万ドルしか支払われず、女性が昨年秋にティー社へ残金14万ドルを求める別の訴訟を東京地裁に起こしていたという。

posted by kuremenwindy at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128492473
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。